ストック型収入の柱をつくる

0-12

ストック型収入の柱をつくる

ストック型収入の柱をつくるにはどうすれば良いのでしょうか?

そもそもストック型収入とは?

ストック型収入といえば、あなたが毎月毎月支払っているものを思い浮かべてください。

- 携帯電話

- 電気代

- ガス代

- 水道料金

などの生活必需品関連が多いです。

その他に、

ー 生命保険料

ー インターネット関連

ー テレビ(スカパー等)

また、料金の少額のものまで含めると様々なものがあります。

その他、健康食品などの定期購入など・・・

これらの支払い、

どうして支払っているのでしょうか?

「使い続けているから」

生活に溶け込んでいるものがほとんどです。

自分の事業に置き換えてみて、

このように支払いを受ける会社になれればな~

想像してみてください。

ストック型収入の魅力は、

毎月毎月一定額の売上が確保できるところにあります。

顧客が増えればストック型収入も増えていきます。

このストック型収入の柱をつくるためには、

今あるあなたの事業の現状を見つめなおすことはとても重要です。

事業を見つめなおすポイントは、

今ある強み

にフォーカスすることです。

「強み」を理解することは、

ストック型収入の柱へとつながっているわけです。

もはや単発ビジネスは先細りです。

毎月毎月顧客を探さなければいけない事業に対して、

毎月毎月課金の事業は、これからの時代にピッタリだと言えます。

景気の低迷が加速する中で、

事業を安定できることもストック型収入の魅力ともいえます。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク